「長期事業者ローン」を知ろう

どうしたら長期事業者ローンを利用できるの?

申し込みから融資までの一連の流れ

金融機関ごとの差異はありますが、今回は申込から融資を得るまでの一般的な流れを説明します。

まずは申込です。
金融機関によっては直接足を運ばなくてもネットでの受付も行っているようです。

申込が完了すると仮審査に移ります。
仮審査では申込の際に記入した内容に基づいて審査が行われます。
仮審査が終わると結果が電話や郵送などで通知されます。

仮審査に通った場合は必要書類の提出を行います。
これには本人確認書類や決算書・確定申告書などが含まれます。
提出方法は郵送、メール、FAXなどいくつか方法がありますので、金融機関の規定にも寄りますが、自分の都合の良い方法を選べます。

その後は提出した書類の内容に基づいて本審査が行われ、それに通れば契約書の提出という流れになります。
契約書に問題や不備がなく契約が無事成立すれば、登録した取引口座に資金が振り込まれます。

以上が申し込みから融資実行までの一連の流れです。

審査項目や提出書類に必要な項目

審査項目や提出書類は融資を受ける上で非常に大切となるので確認してみましょう。

審査は、倒産しない安全な事業であるか、収益が見込める経営内容であるか、返済の見込みがあるかなどの観点から行われ、申込者が提出した実際の数字をもとにそれぞれの項目が評価されます。
基本的には上記のような考え方が審査の基準になりますが、経営実績だけでなく事業主の年齢なども審査対象となることにも注意しましょう。

提出を求められる書類については法人であるか個人事業者であるかによって一部異なります。
まずどちらの場合にも共通して必要なのが、本人確認書類、決算書・確定申告書、代表者の印鑑証明です。

また、詳細については各金融機関での規定を参考に、適切な融資が受けられるようしっかりと確認をした上で手続きを進めていくことが大切です。


この記事をシェアする