「長期事業者ローン」を知ろう

長期事業者ローンの基本を知る

ローンの条件?南都銀行編

一口に長期事業者ローンと言っても、その適用対象・金額、契約内容などは様々ですので、いくつかの金融機関を例にとって見てみましょう。

一件目は南都銀行です。
南都銀行の長期事業者ローンは、最高3億円・最長30年の中小企業者向けのローンです。
金額、年数に関しては無担保の場合には500万円以内、5年以内になります。
また、対象者としては「満20歳以上65歳以下で、完済時70歳以下の個人事業主または従業員20人以下の法人」、「1年以上同一事業を継続し、団体信用生命保険に加入できる者」という条件が設けられています。
この他詳細な審査もありますが、大まかな条件から完済時の年齢なども考慮されていることが分かります。
返済方法は元利均等毎月返済もしくは元金均等毎月返済から選択できるようです。

八十二銀行・瀬戸信用金庫編

引き続き長期事業者ローンの適用条件を見ていきましょう。

二件目は八十二銀行です。
個人事業主の場合は1億円以内ですが、それ以外の場合は南都銀行と同じく、融資金額は最高3億円です。
返済期間については、設備資金の場合20年以内、長期運転資金の場合は7年以内と設定されています。
返済方法は南都銀行でも採用されていた元利均等返済、元金均等返済に加え、期日一括返済も選択できるようです。
また、金利を固定・変動から選べることもこの銀行の特徴です。
ちなみに、八十二銀行では年齢制限に関しての記載は見られませんでした。

最後に、瀬戸信用金庫の長期事業者ローンを紹介します。
金額は500万円以上5億円以内で、返済期間は設備資金の場合20年以内、運転資金の場合は10年以内です。
そのほかの細かい条件に関しても実際の申し込みの際には審査されるかもしれませんが、大きな条件としてはこの2つのようです。


この記事をシェアする