長期事業者ローンって何?

「長期事業者ローン」を知ろう

長期事業者ローンの基本を知る

長期事業者ローンはどんな人が使えて、どれくらいの額を融資してもらえる制度なのでしょうか? 銀行でお金を借りるわけですから、ローンを利用する前にしっかり確認しなければなりません。 適用対象、融資額、融資期間などについていくつかの銀行を例に挙げながら説明します。

他の資金調達方法と比較してみよう

長期事業者ローンの概要はだいたいお分りいただけたかと思います。 長期事業者ローンとその他の資金調達の方法とを比べてみましょう。 他制度と比較した上で、長期事業者ローンのメリット・デメリットを確認します。 いざ自分が利用したいと考えた時により適切な利用ができるようにしておきましょう。

長期事業者ローンの適用範囲は?利用前に確認しよう

ここでは長期事業者ローンの基本を学びましょう。

長期事業者ローンとは、簡単に言うと、大きな金額のお金を長期間借りられる制度です。
借りたお金は長期事業のための運転資金や設備資金のために使うのが一般的です。
もちろん誰でも条件なしに借りられるわけではありませんし、金額や機関に関しても銀行によって様々なものがあります。
これらのことについては後ほど紹介します。

ここで念のため、運転資金と設備資金について確認しておきましょう。
まず運転資金についてですが、これは事業を運営して行く上で必要なお金のことです。
例えば、商品を仕入れてもそれらが全てすぐに売れるわけではありませんよね。
でもその間も従業員には賃金を支払わなければなりません。
このように、商品の仕入れ、十分な額の利益が出るまでの人件費など、運営に必要なお金のことを運転資金と呼びます。

次は設備資金についてです。
こちらの方が名前から想像がつきやすいのではないでしょうか。
これは名前の通り、設備を入手するためのお金です。
事業を始めるにはたいていの場合、拠点となる建物やそれを建てる土地、機械などの備品といった長期使用が可能な設備を手に入れなければなりません。
これらを購入するためのお金が設備資金です。

このように、事業を始める際には数千万、もしくは億単位の多額のお金が必要になります。
それを一から自分で用意するのはかなり難しいことですよね。
そんな時に役に立つのが「長期事業者ローン」なのです。

どうしたら長期事業者ローンを利用できるの?

長期事業者ローンを利用するための手順を紹介していきます。 申し込みを行ってから実際に審査を受けて融資を受けるまでの流れを一通り説明していきます。 金融機関によって詳細は異なりますが、大まかな流れを知っておくことで利用する際の参考になると思います。